合同会社 持続可能

〒541-0044

大阪市中央区伏見町四丁目4番9号

      淀屋橋東洋ビル3階

あきない総合研究所のレンタルオフィス

TEL 06-7878-5759

目的 

1.SDGsに関するコンサルティング及び教育

2.エシカルに関するコンサルティング及び教育

3.ローフード、健康に関する教育

4.伝筆に関する教育

5.前各号に付帯又は関連する一切の事業

主要取引銀行

楽天銀行

代表者プロフィール

代表社員 小林一三

幼少の時の痛み

兵庫県尼崎市出身 

工場地帯である海沿いの国道43号線沿いに住んでいたために重い小児喘息に罹る。小学生低学年の時に、小学校の小児喘息患者で集団検診を受け、公害病認定患者に認定される。

 

そのために、幼稚園に上がる前に 入院し、月に数度、病院に担ぎ込まれることがありました。

 

しかしながら、小学校の高学年になった時に、大阪大学医学部付属病院に行きました。そこで、医師から母に「甘やかすな!」という一喝があり、母が甘やかさなくなりました。そして、6年生の時に姿勢を治す、口呼吸を治すなどをして、喘息は克服しました。

 

これで、公害病認定は返上しました。しかしながら、公害のような世の中のひずみは悪い、病気は無くさないといけないものという感情は残りました。

   

大学院修了まで

小学校から中学受験をして、大阪の高槻中学というところに行きました。たいした進学校でもないので、たいした勉強もせず、のんきに生きていました。高校もエスカレーターです。ワンダーフォーゲル部で中学・高校と過ごし、自然に親しみました。

 

ただ、結果的に東京工業大学大学院で地球環境化学を学ぶことになりました。それほど望んでいたわけではないですが、幼少期の痛みを解消する行動を取っていたようです。ここで、地球温暖化(気候変動)、森林減少、大気汚染(今のPM2.5)、水質汚濁などを学びました。資源の問題も学びました。

 

博士課程にいくつもりでしたが、家の事情で就職することになりました。円高不況で、業績が著しく悪い鉄鋼会社に就職しました。何か面白いことをやるだろうと思ったからです。

薄鋼板から遺伝子組み換え、診断薬まで

会社に入って、茨城県鹿嶋市の鹿島製鉄所に配属されました。自動車用の薄板にメッキや塗装をする工場で働いていました。

 

新入社員の途中から数十億円の新工場の立ち上げプロジェクトに関わりました。予定より早く立ち上げました。それが良かったのどうかわかりませんが、いろんな面倒な仕事をやらされました。そして、仕事が嫌になって、2年目の終わりに人事部に「辞めます」と言ったら、研究所に移りバイオ(遺伝子組み換え)の仕事に変わるように言われました。

 

バイオの仕事をやり始めて、筑波大学遺伝子実験センター(センター長は村上和雄先生)へ国内留学の話が出て、2年間留学した。植物の遺伝子組み換えの研究をしたが、主に植物病原菌が持つメガプラミドの遺伝子配列を読む仕事に従事した。結果的、協和発酵の人と共同で特許を出願することができました。味の素や新日鉄など一流企業の人も交流があり、学生との付き合いもあり、楽しかったです。

 

2年間国内留学した後、戻る部署は消滅していました。そこで、事業開発部で行っている診断薬の仕事に従事することになりました。大手検査センターの中で研究開発していたので、検査の裏側を知ることができました。その事業も、パッとせず、結果的に3年ほどで転職することになりました。いま、その組織は存在しないので判断は正しかったと思います。

 

医療機器から医薬品

松下電器のグループ企業である松下寿電子工業に移って、血糖値測定用のバイオセンサーに関わることになりました。このセンサーは、最新式であり国内市場を70%占めていました。

ここでは、製造法の改良、新ラインの立ち上げ、FDA査察の対応、薬事申請などを担当しました。

会社の方針に逆らう上司がいたので、残念ながら2年半で退職しました。

 

世界一の製薬会社になるファイザーに転職し、当時流行っていたバリデーションという業務につきました。国立公衆衛生院の先生を中心とした大手製薬会社と研究した成果は左図の講演会で発表しました。

日本製薬工業協会のGMP事例研究会で東京大阪各300名の前でも講演しました。

 

しかしながら、今度は違法行為を行う上司に関わり、自ら退職することにしました。

サステイナビリティ学を学ぶ

食品に関する起業したりしながら、医薬品セミナーで講師をしていました。その傍ら、大阪大学で左図のようにサステイナビリティ学を学んでいました。

省エネ関連もやりましたがうまくいきませんでした。ただここで、セミナーやコンサルを経験しました。

 

 

サステイナビリティ学でも、この当時は、環境リスク管理学です。

大阪大学大学院科目等履修生高度プログラムであり、学歴に書いても良いことになっています。

若い学生さんもいて、面白かったです。

医療裁判、人格障害、高血圧から復活

母が医療ミスで亡くなり、姉の人格障害が悪化して、私は高血圧になりました。これらの危機から脱出した経緯を本にしました。結果的に、エシカル意識(悟り)を得ることができました。

再び高血圧から復活

一度、最大血圧が130mmHgぐらいまで戻したのですが、良くない食事、夜のお付き合いをしているうちに、再び最大血圧が200mmHgまで、2019年の6月末に上昇しました。今回は、医療と絡みながら体質改善を図って治していきます。詳細はブログで公開しています。